ニュース・プレスリリース
NEWS・PRESS RELEASE

プレスリリース

国内初 ドローン2台の編隊飛行による農薬散布実証試験を実施

2018年6月19日に千葉県香取市の農事組合法人和郷園様の圃場で国内初となる農薬散布ドローン(DJI社製 Agras MG-1)2台の編隊飛行による自動農薬散布実証試験を実施しました。
試験には生産者や農薬メーカーなど約40人がご来場されました。

本試験では、始めに小型ドローン(Phantom4)を約1.7ヘクタールの圃場上空60mに飛行させ地図を作成し、飛行ルートを設定しました。作成した飛行ルートを2台の農薬散布ドローンが同時に飛行し、自律飛行による農薬散布を行いました。通常の手作業であれば数時間かかる作業がおよそ10分で完了しました。

また、今回の試験では農薬の代わりに水を使用しましたが、農薬ヘリに比べドリフトが少なく低空飛行により風の影響を受けにくいことから、隣の圃場へ飛散してしまうことが少く、そこに注目される参加者の方もいらっしゃいました。

今後は、さらに編隊飛行の機体数を増やし、効率化を進めていきます。

運営団体:農業ドローン防除推進協議会
事務局:株式会社スカイシーカー

関連記事

ドローンで効率よく農薬散布 数時間が10分に (テレ朝news)
ドローン2台同時散布 自動飛行向け実証 千葉 (日本農業新聞)