ニュース・プレスリリース
NEWS・PRESS RELEASE

プレスリリース

DroneDeploy(ドローンデプロイ)のスターター向け講習実施決定

株式会社スカイシーカーは、Drone Deployの扱い方を学ぶ「Drone Deployテクニカル講習」を開催します。
来たる2018年8月24日を第1回目の開催日とし、受講者の募集を開始します。

第1回Drone Deployテクニカル講習概要

日時2018年8月24日(金)
場所群馬県館林近郊グランド
費用・講習単体:90,000円(税別)
・スターターパッケージ:230,000円(税別)
受講資格総飛行時間10時間以上
ドローン操縦未経験者は弊社開催の飛行受講後に本講習に参加していただくことが可能です。
詳しくはお問い合わせください。
お問い合わせTEL:03-6260-8960
MAIL:info@skyseeker.jp(担当:企画開発部 佐々木)

Drone Deploy(ドローンデプロイ)とは

DroneDeployとは国内取扱代理店としてソフトバンク コマース&サービス株式会社から販売されているドローンの商用向けクラウドサービスであり、主にドローンで撮影したデータの3Dモデル化等の作業を行うことができます。

現在では世界中でニーズがあり、ドローンの飛行から収集したデータの分析、出力までの流れをクラウド上ですべて行うことができ測量の際にかかる手間を大幅に減らすことができることから多くのプロフェッショナルユーザーにも大変人気のあるサービスとなっています。

また多くのアプリを連携することができるため使用用途に合ったカスタマイズをすることが可能となっており、農業や建設業、屋根や壁面のインフラ点検など様々な場面で活用されてきた実績があります。

シリコンバレーにあるDrone Deployにより開発され、サードパーティー製プラグインも豊富なことから多くの追加機能をユーザーが選んでカスマイズできる拡張性の高さや、扱いやすいインターフェースを実装しています。また、オンライン環境下でウェブブラウザさえあれば、容易に誰でもすぐに導入できる手軽さも人気の要因です。

講習内容

Drone Deployで多くの機能や使用用途に合った活用法を実行していくには、ある程度専門的な知識や扱い方を習熟する必要があります。インターネット上にある情報は英語のものばかりで、日本語チュートリアルはほとんどありません。

そこで本講習では測量に関する基礎知識からDroneDeployの使用方法、現在までのDroneDeployの活用事例、飛行時の注意事項などを習熟できるテクニカル講習をご用意させて頂きました。

また、ドローンの実飛行を織り交ぜた内容となっているため自律飛行を今までしたことがない方でもドローンの自律飛行の方法や空撮データ収集の技術等を身に着けることができます。

講習プログラム

1. マッピングとモデリング
2. 航空写真測量原理
3. DroneDeploy入門
自動飛行/点群データ作成/オルソ化・地図データ作成/3Dデータ作成/植生指標データ(NDVI)作成

本講習対象例

・農業関係者
・建設業関係者
・インフラ点検
・エンターテイメント分野

DroneDeployスターターパッケージ

DroneDeployスターターパッケージの販売も同時に開始します。
スターターパッケージはDroneDeploy使用ライセンスと本講習がセットとなったパッケージで、通常合計価格25万円のところを23万円で販売いたします。

関連記事

DroneBank(「DroneDeploy テクニカル講習セット」提供開始)
DRONE(スカイシーカー、ドローン商用向けクラウドサービス「Drone Deploy」のスターター向け講習を開催)
PR TIMES(ドローン商用向けクラウドサービス「DroneDeploy」のスターター向け講習実施決定)