ニュース・プレスリリース
NEWS・PRESS RELEASE

ニュース

あきる野市にて5.7GHz帯を利用したドローンの物資搬送実験を実施。東京都・あきる野市・スカイシーカーが連携。

2018年4月26日に「ドローン特区」東京都あきる野市にある戸倉しろやまテラスにて、ドローンでの5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行によるA地点からB地点への物資搬送実験を行いました。
実験は無事成功し、災害時における5.7GHz帯域の電波の有効性や自律飛行による物資搬送の精度の高さを十分に示すことができました。

実証実験の概要

あきる野市では土砂崩れ等の災害時には孤立地域が出る恐れがあり、今回の実験では孤立予想地域に緊急物資(救急箱)を搬送するという内容で実施しました。
その際にまず現場の地形や障害物の有無を確認する状況確認用ドローンを搬送現場に飛行させますが、災害時には近隣の住民の携帯電話等の過使用により通常の2.4GHz帯の電波が混線し、ドローンの飛行に悪影響を与える可能性があります。

そこで本実験では5.7GHz帯での通信によるドローンの映像伝送を行い、より鮮明な映像を管理本部にリアルタイム共有し、搬送現場の状況を確認した後、物資搬送用大型ドローンが自律飛行により物資を搬送。その後自動で帰還するという内容で実施しました。

リアルタイム映像伝送には(株)ソリトンシステムズの映像伝送システムを使用

今回の実証実験では、ソリトンシステムズ社の映像伝送システムZao Sを使用し、複数の離れた箇所にあるカメラ映像をモニター切り替えによって映し出し、物資搬送ドローンが空中を飛行する様子や物資搬送地点に物資が届けられる映像を会場の大型モニターに出力し、リアルタイム映像共有を実現しました。

関連記事

DroneTimes記事はこちら