製品情報
PRODUCTS

Mavic2

Mavic2 Enterprise Advanced:販売ページ

Mavic2 Enterprise Advancedの特長&機能

  • 高解像度サーマルカメラ

    熱解像度640×512(30Hz)の高解像度サーマルカメラを搭載しており、夜間の作業も可能です。

  • 48MP ビジュアルカメラ

    1/2インチのCMOSセンサー搭載の高解像度ビジュアルカメラ(可視光カメラ)を搭載しています。

  • 32倍 デジタルズーム

    ビジュアルカメラは最大で32倍のデジタルズームが可能で、遠距離からの撮影にも対応します。

  • RTKでcmレベルの測位

    RTKモジュールを装着することで、cmレベルの精度の測位が可能となります。

  • 最大6kmのHD動画伝送

    障害物、電波干渉のない環境において最大伝送距離6kmの1080p動画伝送が可能です。

  • 全方向障害物検知

    左右、上下、前後の方向で障害物検知が可能です。※左右方向はトライポッドモードでのみ利用可能。

高解像度放射分析サーマルセンサー

スポット測光やエリア測定に対応したM2EAの高解像度サーマルセンサーを使用すれば、現場で対象を素早く認識し、情報に基づいた決断を下すことができます。また、夜間の調査・点検業務での活用も可能です。

ズーム機能で安全性を確保

安全な距離を保ちながら、鮮明な画像や動画の撮影が可能です。M2EAの高解像度ビジュアルカメラは最大32倍のデジタルズームに対応しており、撮影対象の細部まで撮影が可能です。

2種類の映像を、用途に応じて切り替え

業務の内容に合わせて、ビジュアル/サーマル/分割ビューに映像をタップするだけで切り替えることが可能です。

正確な測位精度

RTKモジュールを搭載することで、cmレベルの精度の測位を実現。最大240個のウェイポイント(経由点)を作成でき、複雑な環境でも自動化された綿密な点検ミッションを遂行できます。※RTKモジュールは別売です。

最高水準の柔軟性

M2EAは、軽量かつ携帯性に優れ、1分以内でセットアップし離陸することが可能です。上昇下降速度が高速化されたため、複雑な作業環境でも効率的に業務を行うことができます。

業務に応じて4つのモジュールを装着可能

装着した各モジュールはDJI PILOT アプリを介して操作ができます。

RTKモジュール

スポットライト

スピーカー

ビーコン

活用事例

消火活動

迅速に被災者の位置を把握し、ホットスポットを特定。火災のリスクを確認し、人員の安全も確保しながら最適な救助プランを作成します。

捜索救助

捜索エリアを素早くスキャンし、身動きの取れなくなった被害者の位置を把握。その後、迅速に救助チームを出動させます。

警察活動

事件や緊急時に、人員を危険な場所へ出動させることなく、重要な情報を把握し、迅速に情報に基づいた決断を下します。

送電線点検

機器上の欠陥や危険を特定し、作業のモニタリング、点検やメンテナンスの作業効率を向上します。

環境保護

環境の変化をモニタリングし、野生動物の保護に役立てます。

Mavic2 Enterprise Advancedの主なスペック

機体

離陸重量(アクセサリーなし)909 g
最大離陸重量1100 g
サイズ(長さ×幅×高さ)折りたたんだ状態: 214×91×84 mm
展開時:322×242×84 mm
展開時+スポットライト:322×242×114 mm
展開時+ビーコン:322×242×101 mm
展開時+スピーカー:322×242×140 mm
展開時+RTKモジュール:322×242×125 mm
対角寸法354 mm
最大上昇速度6 m/s(Sモード)
5 m/s(Pモード)
4 m/s(Sモード、アクセサリー装着時)
4 m/s(Pモード、アクセサリー装着時)
最大下降速度垂直に下降
5 m/s(Sモード)
4 m/s(Pモード)
チルト
7 m/s(Sモード)
4 m/s(Pモード)
最大飛行速度72 km/h(Sモード、無風時)
50 km/h(Pモード、無風時)
運用限界高度(海抜)6000 m
最大飛行時間31分(無風時に25 km/hで飛行中で測定)
28分(RTKモジュール装着時)
29分(ビーコンON時)
30分(ビーコンOFF時)
24分(スポットライトON時)
28分(スポットライトOFF時)
27分(スピーカーON時)
28分(スピーカーOFF時)
最大風速抵抗10 m/s(スケール5)
最大傾斜角度35°(Sモード、送信機あり)
25°(Pモード)
最大角速度200°/s (Sモード)
100°/s (Pモード)
動作環境温度-10℃~40℃
GNSSGPS+GLONASS
ホバリング精度範囲垂直:
± 0.1 m (RTK有効時)
± 0.1 m(ビジョンポジショニング有効時)
± 0.5 m (GPSポジショニング有効時)

水平:
± 0.1 m(RTK有効時)
± 0.3 m(ビジョンポジショニング有効時)
± 1.5 m (GPSポジショニング有効時)
動作周波数2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.400~2.4835GHzのみ利用可)
2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.400~2.4835GHzのみ利用可)
2.400 - 2.4835 GHz
FCC: ≤26 dBm;
CE: ≤20 dBm;
SRRC: ≤20 dBm;
MIC(日本): ≤20 dBm
5.725 - 5.850 GHz
FCC: ≤26 dBm;
CE: ≤14 dBm;
SRRC: ≤26 dBm
内部ストレージ24 GB

サーマルカメラ

センサー非冷却VOxマイクロボロメータ
焦点距離約9 mm
35 mm判換算:約38 mm
センサー解像度640×512 @30Hz
デジタルズーム16倍
画素ピッチ12 μm
スペクトル帯8-14 μm
写真フォーマットR-JPEG
動画フォーマットMP4
測定方法スポット測定、エリア測定
FFCオート/マニュアル

ビジュアルカメラ

センサー1/2インチ CMOS、有効画素数:48 M
レンズFOV:84°
35 mm判換算:24 mm
絞り:F2.8
フォーカス:1 m〜∞
ISO感度動画:100-12800(オート)
写真:100-1600(オート)
デジタルズーム32倍
最大静止画サイズ8000×6000
静止画モードシングル撮影 インターバル:2/3/5/7/10/15/20/30/60 s
パノラマ:スフィア
動画解像度3840×2160@30fps
1920×1080@30fps
写真フォーマットJPEG
動画フォーマットMP4

検知システム

検知システム全方向障害物検知

※全方向障害物検知は、左右/上下/前後の方向で検知します。左右方向の検知は、トライポッドモードでのみ利用可能です。全方向障害物検知は、周囲360度すべてを完全にカバーするわけではありません。左右方向の障害物検知システムは、特定のモードと特定の環境でのみ機能します。トライポッドモードが有効になっている場合でも、左右方向に飛んでいる場合の損傷による損失は、DJIは保証いたしかねます。ご了承ください。安全性を確保するため、Mavic 2の操作時は周囲に注意してください。
前方高精度測定範囲:0.5~20 m
検知可能範囲:20~40 m
有効検知速度:≤ 14m/s
FOV:水平方向:40°、垂直方向:70°
後方高精度測定範囲:0.5~16 m
検知可能範囲:16~32 m
有効検知速度:≤ 12m/s
FOV:水平方向:60°、垂直方向:77°
上方高精度測定範囲:0.1~8 m
下方高精度測定範囲:0.5~11 m
検知可能範囲:11~22 m
側面高精度測定範囲:0.5~10 m
有効検知速度:≤ 8m/s
FOV:水平方向:80°、垂直方向:65°
動作環境前方、後方、側面:
地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態
(15ルクス超)
上方:拡散反射表面(20%超)を検知
(壁、樹木、人など)
下方:地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)
拡散反射表面(20%超)を検知
(壁、樹木、人など)

Mavic2 Enterprise Advanced お見積もりフォーム

本製品についてのお問い合わせ・お見積もりは下記フォームより承ります。
必要事項をご入力の上、送信してください。


お名前*
(漢字)
お名前
(ふりがな)
企業名・団体名*
E-mail*
電話番号*
住所*
商品名Mavic2 Enterprise Advanced
ご希望数量*機体: 予備バッテリー:
ご利用目的*空撮業務インフラ点検夜間使用災害対策その他でのご利用
備考
次の4文字を入力してください。*captcha
上記内容で送信する *
(チェックを入れないと送信できません)


その他の製品