ドローンを活用した農地周辺の環境調査

ドローンで農地周辺を調査し、撮影したデータを使って農地周辺の脆弱性や野生動物の侵入経路を可視化することで被害防止計画の立案を効率化します。

お問い合わせはこちら

オルソ画像や3Dモデルを活用して農地周辺の脆弱性を可視化します

ドローンで撮影したデータを元にオルソ画像や3Dモデルを作成し、農地周辺環境を解析します。それにより動物の侵入経路や電気柵の設置・メンテンスが必要な箇所を可視化することができ、被害防止計画の立案や地域住民との合意形成をスムーズに行うことができます。

効率的に被害防止計画を
進めることができます

本調査で取得・解析したデータをご活用いただくことで、地域住民との合意形成を
スムーズに進めることができ、効率的に被害防止対策を実行することができます。

オルソ画像解析レポート

ドローンで撮影したデータをオルソ画像に変換して、農地周辺の脆弱性を解析し、対策が必要な箇所を可視化します。

農地周辺の3Dモデル

ドローンで撮影したデータから3Dモデルを作成することで、立体的に農地周辺環境の現状を把握することができます。

3Dシミュレーション

3Dモデルデータに仮想のシミュレーションモデルを作成し、被害防止対策後のビジョン共有を可能にします。

地域住民との
合意形成をスムーズに

住民説明会や地域住民研修会でこれらのデータを活用し、対策候補地の現状を
地域住民と共有することで、被害防止計画の方針を具体的にご理解いただくことができます。

オルソ画像を徹底解析し
農地周辺の脆弱性と
その対策案を可視化

ドローンで撮影したデータからオルソ画像を作成し、有識者による解析を行うことで
農地周辺環境の現状把握と脆弱性に対しての具体的な対策案をご提案いたします。

解析ポイント ①

農地周辺の被害分布

農地周辺で発生している農作物被害がどのように分布しているのかを解析することで、被害防止計画の立案に役立ちます。

解析ポイント ②

野生動物の侵入経路

野生動物の侵入経路を特定し、重点的に対策が必要な箇所を洗い出すことで、被害防止の精度を向上させます。

解析ポイント ③

被害防止対策の適正

既存の電気柵や箱罠が機能しているか、設置場所は適切か、といった部分を確認し、被害対策に掛かるコストの最適化をはかります。

サービス内容

ドローンで撮影したデータを活用して、被害防止計画の立案支援や
合意形成に必要なエビデンスをご用意いたします。

ドローンによる農地周辺の撮影

農地周辺環境の現状をドローンで空撮します。周辺の安全確認を行った上で、ドローンを飛行させます。5haを約10分(環境により異なる)で撮影することができます。

自律飛行により飛行を効率化

ドローンを自律飛行させることで、短時間かつ正確に必要なデータを取得します。また、飛行ルートの再利用が可能なため、再調査時の作業を短縮することができます。

オルソ画像の解析レポート作成

ドローンで撮影したデータを専用のソフトウェアを使ってオルソ画像に変換します。作成したオルソ画像を農地周辺の被害分布、動物の侵入経路、農地周辺の脆弱性といった観点で解析し、被害防止対策案をまとめたレポートを作成します。

連携する有識者による解析

オルソ画像の解析は、当社が連携している専門の研究機関と協力して行うため、精度の高い解析結果を出力することができます。

3Dモデルの作成

農地の周辺環境を3Dモデル化し、立体的に現状の空間情報を可視化します。

対策後のビジョン共有が可能

被害対策イメージをシミュレートすることで、対策後のビジョン共有が可能です。ご要望に合わせて、電気柵や箱罠設置のシミュレーション作成が可能です。

サービスのメリット

ドローンを活用することで、従来の人による調査では課題とされていた
時間や人員コストといった問題を解決することができます。

調査時間を大幅に短縮

ドローンで効率的に調査を行います。5haを約10分で調査することができます。
※環境により異なります。

人員コストの削減

ドローンによる調査では調査範囲に関わらず最小限の人数(パイロット&安全管理者)で作業を行うことができます。

現状を効率的に可視化

オルソ画像や3Dモデルを作成することで、被害対策が必要な箇所や動物の侵入ルートを効率的に可視化することができます。

データを記録できる

調査結果や解析結果をデータとして記録することで、情報の管理や可視化をスムーズに行うことができます。

調査手法別の比較表
(ドローンと人)

比較項目ドローンによる調査(1機、2名)人による調査(2名)
詳細な調査4k画像でクリアに見える現場での細かな気づきがある
調査範囲バッテリー ✕ N = 広範囲が可能広範囲は難しい
調査時間3ha 5分程度3ha 4時間程度 ※慣行法による実績参考
協議資料作成作業時間なし ※撮影データそのまま使用可2名で3日間作業 ※慣行法による実績参考
労力飛行の準備、安全確認など徒歩などで実施
データ加工用途に応じて加工可能(3Dデータ)アナログで時間がかかる
信頼性動画データとして残る調査員の判断
土地環境人が入り込めない場所でもOK危険箇所は実施できない

サービスの流れ

お問い合わせから調査完了まで、サービスの流れをご紹介いたします。

1

お問い合わせ・ご相談

本ホームページのお問い合わせフォーム、またはお電話(03-6260-8960)よりお問い合わせください。お問い合わせフォームはこちら

2

お打ち合わせ

お問い合わせいただいた内容をベースに、現状の課題や問題点についてのヒアリングや調査範囲(範囲の選定や時間)についての協議を行います。

3

調査現場の下見

確定した調査現場を下見し、ドローンの飛行範囲確認、離着陸場所確認、障害物等の確認を行い、飛行ルートを作成し、テストフライトを実施します。

4

調査の実施

下見で作成した飛行ルートを活用してドローンによる調査を実施します。

5

データ解析とレポートの作成

撮影したデータの解析と解析結果を元に被害防止計画の立案をまとめた考察レポートの作成を行います。

6

納品と調査完了打ち合わせ

納品物(考察レポートや撮影データ)の最終確認とその後の被害防止計画についての打ち合わせを行って、調査の完了となります。

お問い合わせ

本サービスについてのご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォーム、
またはお電話
(03-6260-8960)にて承ります。

お問い合わせはこちら