DJI Phantom4 RTK:レンタルページ

DJI Phantom4 RTK

1泊2日のレンタル料金(税別)

48,000

D-RTK2付属*
最大飛行時間30分
安心補償&送料無料
  • 環境や天候の影響で、RTK接続が不安定になる場合がございます。
    事前に飛行実施場所での接続確認を推奨いたします。
お見積り・ご注文はこちら

レンタルサービスご利用の流れはこちら

本商品のレンタル料金

通常プラン

期間料金
1泊2日48,000円(税別)
2泊3日52,000円(税別)
3泊4日64,000円(税別)
4泊5日70,000円(税別)
5泊6日80,000円(税別)
6泊7日90,000円(税別)
7泊8日104,000円(税別)
8泊9日以上対応可能。お問い合わせ下さい。

長期プラン

期間料金 / 月あたり
1ヶ月間200,000円(税別)/月
2ヶ月間180,000円(税別)/月
3ヶ月間160,000円(税別)/月
4ヶ月間150,000円(税別)/月
5ヶ月間140,000円(税別)/月
6ヶ月間130,000円(税別)/月
7ヶ月間120,000円(税別)/月
8ヶ月間以上対応可能。お問い合わせ下さい。
  • 長期プランの1ヶ月=30泊31日となります。31泊32日の場合、1ヶ月料金 + 日割り料金(1日分)で料金を算出します。

レンタル延長料金について

1日あたり:+6,000(税別)

延長をご希望の場合は、ご利用期間中にお電話またはメールにて承ります。

  • 機材の空き状況によっては、お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承下さい。
  • キャンペーンの適用は不可となります。
お見積もり・ご注文はこちら

本商品の主な同梱物

DJI Phantom4 RTK

Phantom4 RTKの機体本体です。

送信機

Phantom4 RTKのスマート送信機です。

Phantom4 IF Battery(1本)

機体用のバッテリーです。1本付属。

WB37:送信機用(1本)

スマート送信機用のバッテリーです。1本付属。

WB37:D-RTK2用(1本)

D-RTK2 モバイルステーション用のバッテリーです。1本付属。

充電器ハブ

機体用バッテリーの充電器ハブです。

充電器ハブ:WB37用

WB37用の充電器ハブです。

充電器:機体付属分

バッテリーと送信機の充電器です。

ACケーブル:機体付属分

充電器に接続するACケーブルです。

充電器:D-RTK2付属分

D-RTK2 モバイルステーションに使用するWB37の専用充電器です。

ACケーブル:D-RTK2付属分

WB37用充電器に給電するためのACケーブルです。

予備プロペラ 1セット(4本)

CW (時計回り用) 2本、CCW (反時計回り用) 2本

D-RTK2 モバイルステーション

主要なGNSS (全球測位衛星システム) に対応する高精度GNSSレシーバーです。

D-RTK2 TRIPOD

D-RTK2 モバイルステーションを立てるための三脚です。

SDカード32GB(1枚)

32GB MicroSDカードです。ケース&アダプター付属。

本商品の詳細情報

cmレベルでの正確性を誇る測位システム

Phantom4 RTKの機体に搭載されているRTKモジュールにより、cmレベルの測位データをリアルタイムに提供し、画像メタデータの絶対精度を向上させます。

TimeSyncを用いた正確なデータ収集

Phantom4 RTKの測位モジュールを最大限に活用するための、フライトコントローラー/カメラ/RTKモジュールを絶えず調整するTimeSyncシステムを実装しています。

高精細イメージング システム

1インチ 20MP CMOSセンサーを搭載しており、最高レベルの画質データで撮影できます。

専用の飛行計画アプリ

DJI GS RTKアプリと一体型モニターを搭載する送信機により、測量業務や他のデータ収集用に合理化された制御方式を提供します。

OcuSync伝送システム

高信頼性で安定したHD映像伝送は最大5kmまで可能です。※障害物、電波干渉がない場合で、FCC準拠時。

D-RTK2 モバイルステーションとの互換性

モバイルステーションの堅牢な設計とOcuSync 2.0伝送システムにより、いかなる状況のもとでも、Phantom 4 RTKを使用してcmレベルの正確なデータを取得できます。

機体

離陸重量1391g
対角寸法350mm
運用限界高度(海抜)6000m
最大上昇速度6m/s(自動飛行)
5m/s(手動制御)
最大下降速度3m/s
最大飛行速度50km/h(P-モード)
58km/h(A-モード)
最大飛行時間約30分
動作環境温度0°~40℃
動作周波数2.400 GHz ~ 2.483 GHz(欧州、日本、韓国)
5.725 GHz ~ 5.850 GHz(米国、中国)
伝送電力(EIRP)2.4 GHz
CE (欧州)/ MIC(日本)/ KCC(韓国): 20 dBm

5.8 GHz
SRRC(中国)/ FCC(米国)/ NCC(台湾、中国): 26 dBm
ホバリング精度範囲RTK有効時で正常に動作中:
垂直方向:±0.1 m、水平方向:±0.1 m

RTK無効時
垂直方向:±0.1 mビジョンポジショニングあり)、
±0.5 m(GNSS測位あり)
水平方向:±0.3 m(ビジョンポジショニングあり)、
±1.5 m(GNSS測位あり)
映像位置オフセットカメラの中心の位置は、Exifデータの映像座標に適用済みの機体本体の軸(36、0、192 mm)の下の内蔵型D-RTKアンテナの位相中心に関連しています。機体本体のプラス軸 x、yおよびzは、それぞれ機体の前方、右方向、下方に向いています。

地図作成機能

マッピング精度 **地図作成の精度は、ASPRSデジタルオルソフォトクラスの精度標準Ⅲの基準を満たしています。
**実際の精度は、周辺の照明や地表の模様、機体高度、使用されている地図作成ソフトウェアや、その他撮影時の要因に依存します。
地上画素寸法(GSD)(H/36.5) cm/pixel、
Hは、撮影シーンに影響のある機体高度のことです。(単位:m)
データ収集効率1回の飛行の最大操作区域は約1km²(高度182mで。つまり、GSDは約5cm/画素数で、ASPRSデジタルオルソフォトクラスの精度標準Ⅲの基準を満たしています。

ビジョンシステム

速度範囲充分な照明がある地上2 mで50 km/h以下
高度範囲0~10m
動作範囲0~10m
障害物検知範囲0.7~30m
FOV前方/後方:60° (水平方向)、±27°(垂直方向)
下方:70° (前方および後方) 50° (左右)
測定周波数前方/後方:10Hz、
下方: 20Hz
動作環境地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態 (15ルクス超)

カメラ

センサー1インチCMOS、有効画素数:20M
レンズ視野角:84° 、8.8mm/24mm (24mm判換算) 、
f/2.8~f/11オートフォーカス (1 m~∞)
ISO感度動画:100~3200 (オート)、100~6400 (マニュアル)
写真:100~3200(オート)、100~12800 (マニュアル)
メカニカルシャッタースピード8~1/2000s
電子シャッター速度8~1/8000s
最大静止画サイズ4864×3648(4:3)
5472×3648(3:2)
動画撮影モードH.264、4K:3840×2160 30p
写真フォーマットJPEG
動画フォーマットMOV
対応ファイルシステムFAT 32(32 GB以下)
exFAT(32 GB超)
対応SDカードmicroSD、最大容量:128 GB クラス10またはUHS-1が必要
書き込み速度15MB/s以上
動作環境温度0°~40°C

GNSS

単一周波数、高感度GNSSモジュールGPS+BeiDou+Galileo(アジア)
GPS+GLONASS+Galileo(その他地域)
マルチ周波数 マルチシステム 高精度RTK GNSS使用される周波数:
GPS:L1/L2、
GLONASS:L1/L2、
BeiDou:B1/B2、
Galileo:E1/E5a

第一固定時間: 50 s

測位精度:垂直方向 1.5 cm + 1 ppm(RMS)、
水平方向 1 cm + 1 ppm(RMS)
1 ppmは、機体から1km移動する毎に誤差が1mm増大するという意味です。

ジンバル

スタビライズ機構3軸 (チルト、ロール、ヨー)
ピッチ-90°~+30°
最大制御速度90°/s
角度ぶれ範囲±0.02°

赤外線

障害物検知範囲0.2~7m
FOV70° (水平) ±10° (垂直)
測定周波数10Hz
動作環境拡散反射する地表、反射率8%超え(壁、樹木、人間など)

送信機

動作周波数2.400GHz ~ 2.483GHz(欧州、日本、韓国)
5.725GHz ~ 5.850GHz(米国、中国)
伝送電力(EIRP)2.4GHz
CE / MIC / KCC: 20 dBm

5.8 GHz
SRRC / FCC: 26 dBm
最大伝送距離FCC:7 km、
SRRC / CE / MIC / KCC:5 km) (障害物や電波干渉がない状態)
消費電力16W(標準値)
ディスプレイ5.5 インチスクリーン、1920×1080、1000 cd/m²、Androidシステム
メモリ4G RAM+16G ROM
動作環境温度0°~40°C

万が一の事態でも安心補償付き

ドローンを飛行させる時に、どうしても気になってしまう事故や破損。そんな万が一の事態に備えて、お客様が安心・快適にサービスをご利用できるよう安心補償を付保しております。対象商品全てに賠償責任保険と機体保険がついております。保険料金はレンタル料金に含まれておりますので、別途お支払い頂く必要はございません。

全商品に安心補償付き

取り扱っている全商品に対して、賠償責任保険と機体保険(動産総合保険)を付保します。
※バッテリー・その他備品を除く

操作ミスによる故障も補償可能

ドローンの故障や破損は機体保険の対象となり、補償の適用が可能です。
※規定有 破損状況や事故の内容によります。

賠償責任保険も付保

第三者への被害や所有物の損壊に対して、最大で対人:1億円、対物:5億円の保険が適用されます。

安心サポート対応

万が一の事態が起こった際には、弊社スタッフが全力でサポートいたしますのでご安心ください。

個人のお客様は保険対象外です。

弊社のドローンレンタルサービスでは、法人・個人事業主のお客様のみ保険の適用対象となります。
個人でご利用のお客様は、保険適用外となりますので、必要に応じて任意でご加入いただきますようお願いいたします。

保険の詳細はこちら

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

レンタルサービスについて気になることやご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら